日本野鳥の会札幌支部 支部報

カッコウ

コハクチョウ 飛んでいる鳥を撮影してもピントが合っていないことが多いのですが、今回は、オオハクチョウかコハクチョウか判別できる程度に撮影出来ました。
コハクチョウ 
撮影者:慶徳和也 
撮影場所:モエレ沼公園 
撮影日時:2021-10-12
2021年12月号

10月と11月の活動

事務局日誌

9月28日(火)
会報10,11月号発送
10月3日(日)
西岡水源池探鳥会(中止)
10月8日(金)
10月幹事会
10月10日(日)
円山公園探鳥会(中止)
10月30~31日(土・日)
八戸航路探鳥会(中止)
11月5日(金)
11月幹事会
11月7日(日)
西岡水源池探鳥会(中止)
11月14日(日)
円山公園探鳥会(中止)
11月14日(日)
2021年度連携団体全国総会
猿子支部長出席(オンライン開催)

10月の幹事会

18:30 からweb で、参加 7 名。

探鳥会について

最近の感染者数の減少を受け、支部長から11月探鳥会の開催の提案があったが、まだ時期尚早であるとの意見が出て、11月は中止と決定。

会報12月号、1月号について

12月号発送予定日は11月29日(月)。特集1は2020年度の探鳥会のまとめ、特集2としてカエル類を通した外来種問題。

来年1月号の編集長は森幹事で、特集は「シマエナガいっぱい」を予定。シマエナガの写真やグッズなどを載せる予定なので、幹事でこのようなものがあれば送って欲しいとの依頼あり。

支部報のWeb版について

web版が閲覧できるようになった。投稿ができるので、まずは幹事の皆さんから投稿をお願いしたい。
将来的には会報原稿をダイレクトに入力出来るようにしたい。そのためのマニュアルも作成。

会報の第3種郵便認定問題について

会報発送に利用している第3種郵便の条件について郵便局から指摘があった。後日、支部長が詳細の聞き取りを行い、幹事会で報告、検討する。

受託事業

札幌市より「協働型生き物調査結果集計業務」があった。過去の探鳥会の記録をまとめる業務。

事務局より

会報用封筒印刷の予定、8月の会計報告。

11月の幹事会

18:30 からweb で、参加 8 名

探鳥会について

感染状況が収まっていることから、12月は探鳥会を実施することに決定。ただし、会員限定とした上で、十分なコロナ対策を行う。感染状況によっては中止もあることを周知する。

会報編集状況

12月号は予定通り発行の予定。
1月号は特集「シマエナガ」、リレーエッセイも依頼済み。web版の案内を1ページ程度掲載。

支部報web版の状況

10月の新規ユーザーは130人。web版を開けない方もいるので、操作方法を図解した解説を支部報に掲載の予定。

会報の第3種郵便について

現在の発行状況では第3種郵便の条件に合わなくなる恐れがあるので、発行間隔や発送の方法について検討する。

その他

本年度の新年会は中止とする。事務局から、カレンダー販売状況等について報告。


寄付・寄贈者の紹介

次の皆様から寄付、切手・はがき・テレフォンカードの寄贈がありました。ありがとうございました。(順不同)

佐藤理様、髙橋幹子様、伊東宏樹様、松村拓子様、斎藤裕美子様、齋藤美也子様、牧野弘志様、中畑真様、竹谷惠美子様

日本野鳥の会札幌支部への連絡、問い合わせ